「幻滅した」三角みづ紀ユニット , 2011 , CD
596c9d19c8f22c5a4f01375c

「幻滅した」三角みづ紀ユニット , 2011 , CD

残り2点

¥2,160 税込

送料についてはこちら

詩人・三角みづ紀が手にした「声」・「音楽」という絵筆の進化。モノトーンな音像にしてポエムな色彩、唄達のひと刺し。 ~仲井戸“CHABO”麗市~ ファーストアルバム「悪いことしたでしょうか」から一年、激しく変化したサウンドと厚み、保たれる空気感。 ジャズロックバンドQuiのリーダーであるギタリスト林隆史、柔らかい音色で描くフレットレスベース奏者の瀬戸尚幸、ジャズをバックグラウンドとしつつ破壊的なプレイも繰り出すドラマー・パーカッショニスト井谷享志、world’s end girlfriend等でマルチに活躍するサックスプレーヤー松本健一、クラシックからロックまで網羅するクレイジーフルーティスト吉田一夫、中原中也賞詩人の三角みづ紀。音楽の形をもって詩人としての生き様を提示する全11曲39分。 CDタイトル:幻滅した アーティスト:三角みづ紀ユニット レーベル:ペルメージレコード 発売年:2011年 収録曲数:11曲 ※店頭販売商品につき、ご注文と同日に在庫切れとなった場合はご容赦ください。 ※本商品はゆうメールにて発送予定ですので予めご了承ください。 三角みづ紀(詩人) 林隆史(g) 瀬戸尚幸(fretless-b) 井谷享志(ds,perc) 松本健一(ts,他) 吉田一夫(fl,他) 01. カラン(序章) 02. なって、なったよ 03. 青空のブランコ 04. まちがいさがし 05. 滅諦 06. 終焉#18 07. Just Like A Boy 08. 夏日 09. あぶく 10. 終焉#19 11. カラン(全章) 「三角 みづ紀」(みすみ・みづき) 詩人。1981年鹿児島県生まれ。東京造形大学在学中に詩の投稿をはじめ、第42回現代詩手帖賞受賞。第1詩集『オウバアキル』にて第10回中原中也賞を受賞。第2詩集『カナシヤル』で南日本文学賞と歴程新鋭賞を受賞。書評やエッセー執筆、詩のワークショップもおこなっている。朗読活動を精力的に続け、自身のユニットのCDを2枚発表し、スロベニア国際詩祭やリトアニア国際詩祭に招聘される。2014年、第5詩集『隣人のいない部屋』で第22回萩原朔太郎賞を史上最年少受賞。現在、雑誌『ユリイカ』と南日本新聞で詩の投稿作品の選をつとめている。美術館での言葉の展示や作詞等、あらゆる表現を詩として発信している。2017年に札幌へ移住。